読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mike-neckのブログ

JavaかJavaFXかJavaEE(なんかJava8が多め)

Gradle2.6のTestKitで強引に自作プラグインを読み込ませる方法

gradle

昨日のエントリーの続き。

mike-neck.hatenadiary.com


昨日のエントリーでは、自作プラグインのテストが書けないという残念なというか、致命的な欠点があったので、強引に自作プラグインを読み込ませてみる方法をとりました。

    String loadScript() {
        def pluginClassUrl = HelloTestKit.class.protectionDomain.codeSource.location
        def path = Paths.get(pluginClassUrl.toURI())
        if (pluginClassUrl.protocol == 'file' && "${pluginClassUrl}".endsWith('.jar')) {
            return """buildscript {
    dependencies {
        classpath file('${path}')
    }
}
"""
        } else {
            def granpa = path.parent.parent
            def runOnIdea = granpa.endsWith('out')
            def resPath = runOnIdea ?
                    path :
                    granpa.resolve('resources/main')
            def urls = ([path, resPath] as Set).collect {
                it.toUri().toURL()
            }.collect {
                "new URL('${it}')"
            }.join(', ')
            return """[$urls].each {
    project.class.classLoader.addURL(it)
}
assert project.class.classLoader.getResource('META-INF/gradle-plugins/hello.properties') != null
"""
        }
    }

HelloTestKitというクラスが自作プラグインのクラスで、そこからjarの名前あるいはディレクトリーのURLを取り出して、それをビルドスクリプトのクラスローダーに読み込ませるという至極単純な方法です。

このときに、

assert project.class.classLoader.getResource('META-INF/gradle-plugins/hello.properties') != null

と、META-INF/gradle-plugins/hello.propertiesが読み込めるかどうかをassertしておくことで、プラグインIDが解決できることを保証しておきます(読み込めてない場合は、この部分でエラーが発生する)。

ちなみに、これ、IntelliJ IDEAでテスト走らせるとコケます(´・ω・`)し、エクリなんとかとかネットビーなんとかでは走りません。

昨日作ったレポジトリーに反映しておいたので、参考にどうぞ。

github.com


amazon.co.jp