mike-neckのブログ

JavaかJavaFXかJavaEE(なんかJava8が多め)

Gradle4.6 からの JUnit5 実行方法

Gradle4.6 がリリースされ、 JUnit5 に対応しました。以下にGradle から JUnit5 のテストを実行するための build.gradle を示しますが、特殊なことをするわけではありません。


build.gradle

plugins {
  id 'java'
}

repositories {
    mavenCentral()
}

test {
    useJUnitPlatform {
        includeEngines 'junit-jupiter'
    }
}

dependencies {
    testCompile group: 'org.junit.jupiter', name: 'junit-jupiter-api', version: '5.1.0'
    testRuntime group: 'org.junit.jupiter', name: 'junit-jupiter-engine', version: '5.1.0'
}

(java-library プラグインを使う場合)

build.gradle.kts

plugins {
  id("java-library")
}

repositories {
  mavenCentral()
}

tasks {
  "test"(Test::class) {
    useJUnitPlatform {
      includeEngines("junit-jupiter")
    }
  }
}

dependencies {
  testImplementation("org.junit.jupiter:junit-jupiter-api:5.1.0")
  testRuntimeOnly("org.junit.jupiter:junit-jupiter-engine:5.1.0")
}

ポイントは3つ

  • ややこしいプラグインの記述がなくなりました
  • テストのコンパイルjunit-jupiter-api を ランタイムに junit-jupiter-engine を追加します
  • task.test.useJUnitPlatform() を呼び出す

これであとはよしなにJUnit5を実行して、今まで通りのレポートを出力してくれます。

f:id:mike_neck:20180302000902p:plain

f:id:mike_neck:20180302000935p:plain