mike-neckのブログ

JavaかJavaFXかJavaEE(なんかJava8が多め)

Spring WebFlux + r2dbc + Kotlin で簡単なアプリケーションをつくる

5日間休みなので、おさらいも兼ねて、久々に Spring をさわることにしている。なお、 Kotlin にしているのもおさらいを兼ねている。また Kotlin coroutine を使っていないのは r2dbc-postgres と組み合わせたときに、 ByteBufreadableBytes がレスポンス読み出しの直前に 0 になってしまう不具合(?)に遭遇したので、 coroutine を使っていない。 coroutine を使わなければ今のところ、問題なさそう。

f:id:mike_neck:20171113232305p:plain


データベースの設定

データベースの設定は AbstractR2dbcConfiguration クラスを継承したクラスを通じておこなう

@Configuration
@EnableR2dbcRepositories
class DatabaseConfiguration: AbstractR2dbcConfiguration() {
  @Bean
  override fun connectionFactory(): ConnectionFactory =
      ConnectionFactoryOptions.builder()
          .option(ConnectionFactoryOptions.DRIVER, "postgresql")
          .option(ConnectionFactoryOptions.HOST, "localhost")
          .option(ConnectionFactoryOptions.PORT, 5432)
          .option(ConnectionFactoryOptions.USER, "postgres-user")
          .option(ConnectionFactoryOptions.PASSWORD, "postgres-pass")
          .option(ConnectionFactoryOptions.DATABASE, "postgres")
          .build()
          .let { ConnectionFactories.get(it) }

  override fun getDialect(connectionFactory: ConnectionFactory): Dialect = PostgresDialect()
}
  • レポジトリーを有効にしたいので、 EnableR2dbcRepositories アノテーションを付与している
  • データベースへの接続情報を ConnectionFactoryOptions を使って設定する。このあたりは r2dbc-postgres などの github の README が詳しい

レポジトリーインターフェース

レポジトリーインターフェースは 普通の jdbc の場合とだいたい同じ

import org.springframework.data.annotation.Id
import org.springframework.data.r2dbc.function.DatabaseClient
import org.springframework.data.relational.core.mapping.Column
import org.springframework.data.relational.core.mapping.Table

@Table("users")
data class UserDb(
    @Id @Column("id") var id: Long?,
    @Column("name") var name: String?,
    @Column("created") var created: Instant?
)

@Repository
interface UserRepository : ReactiveCrudRepository<UserDb, Long>
  • テーブルを表すクラスに @Table アノテーションを付与する
  • プライマリーキーに対応するフィールドに @Id アノテーションを付与する
  • 各カラムを表すフィールドには @Column をつける
  • ちなみに、これらのアノテーションJPA のものではなくて、 spring data が独自に定義しているものなので、そこだけは注意

コントローラー

簡単なアプリケーションなので、サービスクラスは省略。コントローラーで頑張る。やった reactor だ、 coroutine 使えないから、型合わせが難しいぞ

@RestController
@RequestMapping("users")
class UserController(private val repository: UserRepository) {

  companion object {
    val logger: Logger = LoggerFactory.getLogger(UserController::class.java)
  }

  private val atomicLong: AtomicLong = AtomicLong()

  @PostMapping
  fun createUser(@RequestBody createUser: CreateUser): Mono<AppResponse> =
    Mono.just(createUser)
        .filter { it.name != null }
        .switchIfEmpty { Mono.error(AppException("invalid")) }
        .map { it.toDb(atomicLong.incrementAndGet()) }
        .flatMap { repository.save(it) }
        .doOnSuccess { logger.info("create user: {}", it) }
        .doOnError { logger.info("failed to create user: {}, error: {}", createUser, it.message, it) }
        .thenReturn(AppResponse(true, "success"))
}

data class AppResponse(val success: Boolean, val message: String)

data class CreateUser(var name: String?) {
  fun toDb(id: Long): UserDb = UserDb(id, name ?: "", Instant.now())
}
  • coroutine が使えないと、前の結果を使うのが面倒になる(ここでは面倒にならないように簡単に処理している)

こんな感じで、 r2dbc で RDB につなぐアプリケーションが書ける…

しかし、残念なことに、このアプリケーションはトランザクションを貼っていない(+ コミットしていない)ので、別のインスタンスを立てると、データの状態が同期できないダメダメなアプリになっている…

また、僕たちが作りたいのは複数のテーブルまとめてコミットするかロールバックするアプリケーションなので、これでは足りない…

というわけで、トランザクションを管理できるアプリも作れたのだけど、長いので一旦ここで終わり