読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mike-neckのブログ

JavaかJavaFXかJavaEE(なんかJava8が多め)

JJUG CCC 2017 Spring 参加メモ

表題の通りJJUG CCC 2017 Springに行ってきました。参加したセッションのメモです。 www.java-users.jp エンプラ開発におけるレガシーアプリケーションの巻取りとモジュール分割の戦い 既存のレガシーアプリケーションにアプリケーションを追加する案件から…

Java Day Tokyo 2017 参加メモ

Java Day Tokyo 2017に数年ぶりに参加しました。そのメモです。僕が参加したのは次のセッションです。 基調講演 Java 9 and Beyond: Java Renaissance in the Cloud Modular Development with JDK 9 Tuning G1GC Java SE 9のすすめ 緊急開催!Java技術メモ三…

Java9(ea163)でHttpClientを使ってみたノート

ディレクトリ構成やmodule-info.javaで少々ハマったので(10分)、ノート。 Java SE9から公式のやっと面倒くさくないHttp Clientが出るので試してみた。 試してみたのは jdk.incubator.httpclient モジュールの jdk.incubator.http.HttpClient とその関連クラ…

Spring BootでThymeleaf3を使うときのbuild.gradle

ググってもMavenの方法しか出てこないのでメモ。 start.spring.io で作ったbuild.gradleに次を追加するだけ。 ext['thymeleaf.version'] = '3.0.0.RELEASE' ext['thymeleaf-layout-dialect.version'] = '2.0.0' 元ネタはこちらのステファン・ニコルさんのコ…

JSUG勉強会 2017 - 3 〜ドメイン駆動設計 powered by Spring のメモ

JSUGの勉強会に参加したので、そのメモ。 jsug.doorkeeper.jp 資料は公開されるだろうから、ここでしか聞けないことを中心にメモ(ツイート)したつもりだが、資料に盛り込まれている可能性は十分にある。なお、資料は以下の通り。 ドメインロジックに集中せよ…

Javaでの和暦の扱いについて

Date and Time APIでの和暦の扱いをちゃんと調べていなかったので、調べた。 なお、以下で用いるコードにおいては次のフォーマッタおよび、タイムゾーンを使った。 final ZoneId tokyo = ZoneId.of("Asia/Tokyo"); final DateTimeFormatter formatter = new …

JetBrains系IDEと各種ITSとGitを連携してスマートに作業する

JetBrainsユーザーグループにて「IntelliJとYouTrack」というタイトルにて発表してきましたが、グダグダな発表をしたのでちゃんとまとめた記事を書きます。 jbugj.connpass.com 要点 JetBrains系IDEでは、標準に付属しているツールを用いることで、スマート…

testcontainersで使い捨てのデータベースコンテナを用意してSpring Bootアプリケーションのテストをおこなう

テストを流したらデータベースを起動していなくて、テストが全部コケさせることがよくあり、悩んでましたが、 @making さんに testcontainers を教えてもらったので試してみました(経緯は若干違う)。 github.com testcontainersはテスト時にのみ使う使い捨て…

Speedment ORMのメモ

Stream APIを使ったORM。 概要 MavenプラグインでDBスキーマからモデルのクラス/レポジトリー(に該当する)クラスを吐き出す Applicatoinクラスからレポジトリー(に該当する)クラスを取り出す レポジトリーにStream APIを通じてクエリーを投げる インストール…

Kotlin ts2kt の使い方メモ

KotlinがDefinitelyTypedに対応したと聞いたので早速試してみた 概要 ちょっと試しただけのメモ TypeScriptの型定義情報をKotlinの型定義情報に変換するKotlin公式のツール d.tsが型の定義を頑張ってくれていれば、Kotlinで楽できる ファイル名をそのまま出…

ArtifactoryのDockerイメージとgradleでのartifactのデプロイのメモ

少々こまったことがあったので、Artifactoryを調べたので、そのメモ。なお、数年前も同じことを調べたという記憶があるのだが、メモを残していなかったのであらたに調べることになった… 書かれていること ArtifactoryのイメージをビルドするDockerfile プロ…

eclipseがメインのIDEに指定されているプロジェクトでIntelliJを使って開発する

職場のプロジェクトがメインで指定するIDEはeclipseですが、IntelliJ IDEAが大好きなのでIntelliJ IDEAで仕事しています。 するとどうしても問題が出てきます。 importの順番が異なるために無駄なdiffが出てくる コードスタイルが異なるのでレビューしづらい…

sdkmanでJavaのインストール

結構前のことですが、 sdkman でJavaをインストールできるようになったとのことで、Javaの更新をsdkmanでやるようにしてみた。 sdk list java まず、どのバージョンのJavaが利用できるのか確認してみます。 $ sdk list java ===============================…

lombokで生成されたgetterにアノテーションを付与する方法と問題

lombokの既存バグにハマったので、その一時的な回避策のメモ。 なお、この情報は以下の環境でおこなった。 Java - 1.8.0_102 lombok - 1.16.12 なお、issueはこちら。 github.com lombokで生成されるgetter(あるいはsetter)にアノテーションを付与する方法 G…

JUnit5入門(6) - JUnit5とGuiceでDIが必要なオブジェクトを構築してテストする

前回の続き これまでの内容をまとめて、DIが必要なオブジェクトをテストするやり方(のひとつ)をやってみる。DIにはGuiceを用いる。 環境 JDK|1.8.0_102 junit-jupiter-api|5.0.0-M3 junit-platform-engine|1.0.0-M3 guice|4.1.0 テスト対象のインターフェー…

JUnit入門(5) - JUnit5の拡張(Extension)

前回の続き JUnitの Extension インターフェース JUnit4のRunnerと同様、JUnit5も拡張をすることができる。 JUnit5が提供している 拡張インターフェース(Extension を継承したインターフェース)は次のとおり。 ContainerExecutionCondition メソッド - evalu…

JUnit入門(4) - TestFactoryとDynamicTest - JUnit5におけるパラメタライズドテスト実現法

前回の続き @TestFactory @TestFactory はJUnit4における Theories ランナーを用いたテストパラメーターをいろいろと組み合わせるテストを実現するために用いる。 @TestFactory を付与したメソッドは次のいずれかを返すメソッドを実装する必要がある。 Itera…

JUnit5入門(3) - アノテーション

前回の続き JUnit4同様、JUnit5ではテストのメタ情報や、実行制御はアノテーションを介して行われる。今回はそのアノテーションをまとめる。 JUnit5が提供するアノテーション一覧 アノテーション 役割 説明 @Test メタ情報 付与されたメソッドがテストである…

JUnit5入門(2) - アサーション

前回 の続き 今回は値の比較、アサーションについて。 JUnit5が提供するアサーション JUnit5はJUnit4とほぼ同等のAssertion機能を提供している。また、より高度なAssertionを求める場合は、サードパーティライブラリーの利用を勧めている。 JUnit5のAssertio…

How to run test class whose name doesn't end with Test in JUnit5 with Gradle.

JUnit5 publishes junit-platform-gradle-plugin. With it you can run JUnit5 tests with gradle. But if you don't give Test at the end of the test class name, this plugin ignores to run it. If you want to run a test classes whose name don't en…

JUnit5入門(1) - テストクラスの作成とテストの実行

年末にかけてJUnit5(junit-jupiter)をいじったのでまとめ。 使い方的な話はQiitaにある記事のほうが詳しいかもしれない… qiita.com qiita.com qiita.com qiita.com JUnit5ライブラリーの導入 テストコンパイルスコープにjunit-jupiter-api、テストランタイム…

DateTimeFormatterのパターンとLocale

Junit5の ParameterResolver によってテストメソッドのパラメーターに渡せる日付文字列の形式をユーザーが自由に決められるようにするために、 DateTimeFormatter を使っていた際に、どうしても月のパターン MMM によって月が名前(例えば1月なら Jan)になら…

Kotlinの末尾再帰でFizzBuzz(Kotlin Advent Calendar 2016) #ktac2016

この記事はKotlin Advent Calendar2016の6日目の記事です。 昨日は RyotaMurohoshiさんの 「【!ってなんだ】KotlinとJava、nullとPlatformType【NullableにNotNull」 でした。 明日は kikuchy さんの 「」 です。 末尾再帰でFizzBuzz この記事ではKotlinの末…

Docker復習

歳なので覚えるのが遅くなったというよりも忘れるのが早くなった感じらしく、Dockerのことをすっかり忘れてたので、復習した。Dockerの使い方レベルなので自分が得するだけのエントリー。 dockerコンテナに環境変数を渡す -e VARIABLE=VALUE で渡す。 docker…

Freeモナドを使ってIOアクションをモッキングする的な

Freeモナドがすごい的な話がおよそ4〜5年前くらいに流行ってたのだが、その頃はHaskellなど触ってなかった僕には関係のない話でした。 Haskellを触ってて、IOアクションのあるようなプログラムをテスト的に動かしてみようとすると途端に困るわけです。 例え…

JJUG CCC 2016 Fall に行ってきた #jjug_ccc

表題のとおりです。 www.java-users.jp 以下、参加したセッションの独断と偏見によるレポートです。 Prepare for Java 9 : Java9に備えよう Java9先取りのセッションです。 Jigsaw Kullar 非互換情報 ファイル/ディレクトリ構造が変わる話 プロパティファイ…

Kotlinのリフレクション(KClass)を調べた

KuickCheckを作った時にKotlinのリフレクションを一通り触ったが、完全に忘れてしまったのであらためてメモ。 ここではクラスを表すKClassとそのプロパティ、およびそれらが適用できるクラスをまとめてある。 Kotlinコンパイラーが生成するクラス KClassのプ…

KotlinでJSR303(Bean Validation)を使うときの注意

少しハマったのでメモ。 KotlinでBean Validationを使った時に、validationされないので、Stackoverflowなどを読んでいたら、アノテーションの書き方を工夫する旨あった。 まずはvalidationされないパターン data class Person ( @NotEmpty val name: String…

Kotlin用のjunit-quickcheck風なテスティングフレームワークを作った

表記のとおりです。 テストデータをランダムに自動生成して複数回実行させるというライブラリーです。調べてみたところ、Kotlin用のものがないようなので、作ってみました。名前はKuickCheckという名前にしていますが、今後どうなるかわかりません。あと、僕…

Kotlinのコンパイラーが吐き出すクラスまとめ

リフレクションをいろいろいじっていて気になったので中途半端にまとめてみた Kotlin クラスのメモ Kotlinをコンパイルすると生成されるクラス クラス/インターフェース/enum/オブジェクト1つにつき1つのクラス パッケージに所属する関数/プロパティ -> Ktク…

OpenCV/Java 環境構築メモ

JavaでOpenCVをごにょごにょやるのに、少し手間取ったのでメモ。 インストールする環境などは次のとおり。 Mac 10.11.5 インストールにはbrewを使う OpenCV 3.1.0 IntelliJ IDEA 2016.1.2 Java8u92 OpenCVのインストール (1) pythonをbrewでインストール $ b…

Javaの機械学習ライブラリーでFizzBuzzしてみた

FizzBuzzをするのにTensorFlowというネタツイートがあったので、「機械学習 FizzBuzz」で検索したらすでにいくつかあったので、真似してみたくなった。ちなみに機械学習のことは全然わかってません。 qiita.com blog.amedama.jp IT会社面接官:「数字を列挙…

Gradle2.11の新機能を試してみた(1)

Gradle2.11でJavaソフトウェアモデルに対してJUnitによるテストがサポートされたので試してみました。 基本 ディレクトリー構成は以下のとおりです。 root └─src ├─data │ └─java ├─data.test │ └─java ├─exceptions │ └─java └─functions └─java 使用するJa…

Gradle2.11リリースノート意訳(また途中)

gradleのバージョン2.11がとっくの昔に出ていたので、リリースノートを意訳しておきました。 原文はこちら Gradle2.11ではソフトウェアモデルとIDE連携およびコンティニュアスビルドを強化しています。 ソフトウェアモデル改善はGradleの現在の目標となって…

Gradle2.10のリリースノート意訳

久々にパソコンの前に座ったので、リハビリ代わりに先月にリリースされたGradle2.10のリリースノート意訳というか、中途半端に翻訳した。分量が多かったので訳してないところがありますが、引き続き入院してるので、翻訳の続きはありません。 オリジナル(英…

エンジニアが勉強し続ける理由

これはほとんどネタです。 ここ最近、マルクスを再読していました。貧富の格差、貧困の問題とかワーキングプアーなどがニュースになっていることを見るにつけ、マルクスが気になっていたからです。マルクスが資本論を書くための準備していた時期の『経済学・…

Jigsawのモジュールのリスト作ってみた #java #Jigsaw

さっきのエントリー mike-neck.hatenadiary.com で、LTしてきたと書いたのですが、その際に、Jigsawのモジュールがどのように分割されたのか気になったので、調べてみました。 なお、クラス数が膨大なので、このエントリーには載せません。 github.com 上記…

JJUG CCC 2015 Fall にボランティアスタッフとして参加してきた #jjug_ccc

表記の通り、JJUG CCC 2015 Fallにボランティアスタッフとして参加してきました。 JJUG CCC 2015 Fall(11月28日開催) | 日本Javaユーザーグループ jjug.doorkeeper.jp 僕が主に担当したのはCD部屋の16:00〜の会からの空席案内役。 ひとつ前のいろふさんの…

GradleのJVM component modelスタイルのプロジェクトをJigsawでビルドする #gradle #java #jigsaw

前回のエントリーでGradleにおけるJVM component modelの実践的な内容を紹介した。 mike-neck.hatenadiary.com ここで紹介したプロジェクトのビルド成果物はこちらのエントリーでも紹介した、Javaモジュールシステム的な考えが採用された成果物である。つま…

Gradle3におけるJavaプロジェクトのビルド入門(4) -- 実践編 #gradle

Gradle3におけるJavaプロジェクトのビルド入門の一連の記事ではJVM component modelによるJavaプロジェクトのビルド方法について紹介してきた。その過程でJDK9より導入されるJigsawとの関連も指摘しておいた。 この記事では実践的なJVM component modelによ…

Gradle3におけるJavaプロジェクトのビルド入門(3) -- 用語の再確認とJigsawとの関連 #gradle

今回はJVM component modelにおける用語について整理しておく。 前回、前々回とGradle3におけるJavaプロジェクトのビルドにおけるJVM component modelの入門を行っていった。 mike-neck.hatenadiary.com mike-neck.hatenadiary.com また、JVM component mode…

簡単な特徴もないJava用のテスティングフレームワークつくった

諸事情により、JUnitが使えない状況でコードを書いていたのですが、書いたコードが動くかどうか確認したい衝動に駆られて、簡単な特徴もないテスティングフレームワークを作りました。 仕様 最初に書いた仕様がこれ。 github.com public class MaybeTest ext…

Jigsawについて雑にまとめてみた

以前、Gradle3におけるJavaプロジェクトのビルドについてのエントリーを書きましたが、Gradle3のJVM component modelって、まあ、わりと、Java9のJigsawみたいなものなんですね。で、Jigsaw自体知っている人が多いと思いますが、あらためてJigsawが解決した…

コンソールの色を変えて出力する

元ネタはうらがみさんのカラフルバナー backpaper0.github.io 詳しい話はこのあたりが良さそう。 stackoverflow.com ANSI escape code - Wikipedia, the free encyclopedia def esc = 27 as char (30..37).each {t -> (40..47).each {b -> print "${esc}[${t…

あなたは自分の所属している会社の商品を正確に答えられますか?

技術ときおりネタとして開設したこのブログで初めてエンジニアのキャリアについてのエントリーを書きます。 ただし、このエントリーにはかなり偏った次のようなバイアスがかかっていることを私自身が認識しております。 私自身がマルクスの信奉者であるとい…

Gradle-2.9-rc1のリリースノートで訳し忘れてたライブラリーAPI定義について意訳(JDK9にも関連) #gradle

意訳には(僕に)定評のあるGradleのリリースノートですが、前回訳した時に、意図して訳さなかったのか、JavaOne開催中でProject Jigsaw関連に合わせるためにその時には書かれていなかったのか、どっちか定かではありませんが、リリースノートの意訳にExplicit…

Gradle3におけるJavaプロジェクトのビルド入門(2) #gradle

前回は、JVM component modelによるJavaプロジェクトのビルドの入門をおこなった。 mike-neck.hatenadiary.com これまでのjavaプラグインに比べると記述量が増えてしまうが、遜色ないビルドができることは示せたと思う。 複数ライブラリー(コンポーネント) …

Gradle3におけるJavaプロジェクトのビルド入門(1) #gradle

Gradleは元々の作りが非常にブラックボックスなため、設定されたオブジェクトのライフサイクルがわかりづらいなどの問題があり、Gradle3に向けて、それを修正している最中です。その中核となるのがRule Based Model Configurationという仕組みです。 その仕…

Gradle-2.9-rc1が11月4日に利用可能になってました #gradle

10月1日にGradle2.8-rc1が出たという記事を書いてから、1ヶ月、Gradle2.9-rc1が2015/11/4に出ています。 mike-neck.hatenadiary.com というわけで、いつもどおりリリースノートの意訳 Gradle TestKitがもっと便利になった Gradle TestKitがGradle2.6で出てか…

Finagle/finchを試してみた - その1

表記の通り、twitterが作ってるFinagleというwebフレームワークのfinchというのを試してみました(とはいっても、まだgetting started)。 このライブラリーを知ったのは吉田さんのブログエントリー d.hatena.ne.jp Playフレームワークをいろいろといじってい…